toggle
不動産投資の図書館
不動産投資の図書館とは
本図書館は日本初の不動産投資を勉強することだけを目的とした会員制の「不動産投資専門の図書館」です(民間企業が運営する私立図書館です)。 書籍は不動産投資に関わるのもので構成されており、不動産投資に関わる憲法、民法、建築法などの本も取り揃えております。また、本館では、毎月、講師の方をお呼びして、不動産投資セミナーを開催いたします。
図書館からお知らせ
・7月23日、奈湖ともこさんがセミナーを開催。
・7月8日、不動産投資専門の図書館(東京・渋谷)がオープンします。
・日本初「不動産投資の図書館」サイトがオープンしました。
図書館行事
7月23日、「OL大家なこ」こと奈湖ともこさんがセミナーを開催します!

<セミナー概要>
日程:2017年7月23日(日)
時間:13:30〜15:30
会場:不動産投資の図書館
住所:東京都渋谷区東1-13-12コートビル青山2B
参加費:一般 4,000円、会員1,000円
募集:限定20名

館長紹介
石原晃明
経歴:観光業・運輸業を経て、不動産業界へ

不動産投資の図書館館長を務めることになった石原晃明です。
まだまだ不動産投資の勉強中ですが、図書館の本を読みながら一緒に勉強していきたいと思います。
また名誉館長が遂行している「旅館アパート」で、少額投資で運営できる500万旅館アパートの運営も行っています。
自分にあった投資方法を一緒にプランニングしていきましょう!

ブログ一覧
名誉館長紹介
白岩貢
専業大家兼アドバイザー

1959年、世田谷で工務店経営者の次男として生まれる。 世田谷にて珈琲専門店を経営していたが、株式投資の信用取引に手を出しバブル崩壊と共にそれまでの漫然としていた人生も崩壊。 夜逃げ、離婚、自己破産を経てタクシー運転手になり個人タクシー事業許可をを取得。 2002年父親の急死により、土地の相続を受けアパート運営と建築を始める。 その後、世田谷区、目黒区、渋谷区を中心としたアパートやシェアハウス経営に乗り出す一方コンサルとして250棟余りサポートしている。 現在はインバウンド向けに京都、浅草などで簡易宿所の新築のサポートにも力を入れている。

<著書>


・リーマンショック後の新アパート投資の王道
・親のボロ家から笑顔の家賃収入を得る方法
・「親の家」でお金持ちになる方法。―親の持ち家、自宅があれば誰でもできる投資術
・アパート投資の王道
・アベノミクス後も笑う新感覚アパート投資戦略
・10年後に笑う 新感覚アパート投資戦略
・新築アパート投資の原点
・投資額500万円、利回り10%超え、ほったらかしの"アパ宿"投資
・新版 親のボロ家から笑顔の家賃収入を得る方法 ~「空き家」を「お金を産む資産」に変える~
・新築利回り10%以上、中古物件から月50万円の「旅館アパート」投資!
不動産投資の図書館で学べること
1. 本業を超える家賃収入を手にいれる方法
2. 学生でも普通のサラリーマンでもできる不動産投資の方法
3. 不動産投資の落とし穴

こんな人は是非、図書館の会員に!
・不動産投資に興味があるが、勉強するお金もない。
・様々な不動産投資の方法を勉強したい。
・小額投資からリスクを低く、不動産投資を始めたい。
・不動産投資で失敗をしたことがある人。
利用案内
不動産投資の図書館
〒150-0011
東京都渋谷区東1-13-12コートビル青山2B
Mail : info@fudousantoushinotosyokan.com

営業時間
毎週土曜日・日曜日 12時〜20時
※変更する場合があります。

年間費
1年間:¥12,000
※入会金は当面の間、不要です。

特典1
セミナー参加の方は無料で30日間、毎週土日オープンする不動産図書館に自由に参加できます。

特典2
相続、空室、融資、リフォーム、空き家の有効利用などのご相談を事前にご連絡頂けたら名誉館長白岩貢が可能な限り回答させて頂きます。